水風船協会トップページ>>競技ルール

競技ルール

基本ルール

チームの人数 競技者5名+補欠数名(セット中は交代できないが、セットごとには交代可能)
水風船の使える個数  水ふうせんは、1 試合分75 個を各チームで制限時間10分以内に作ります。制限時間で作れた個数のみが試合で使えます。1 ゲームごと25 個使用するのが目安ですが、制限はありませんので、3 ゲームのうち1 ゲームに集中して使っても、均等に使っても、チームごとの戦略次第です。
勝敗の決定
  • 3分間の3セットマッチ、2セット先取したチームが試合に勝利する
  • 時間内に相手チーム全員に当てるか、相手チームのシャチを持ち上げた場合1セット勝ちとする。
  • 競技時間が経過した場合は残っている選手の人数が多いチームがそのセット勝利とする。
  • 選手が同時に3人以上相手コートに入った時点で、そのセットは負けとなる。
アウト/セーフの判定
  • 敵の水風船が直接体及び衣服で割れたとき。
  • サイドライン、バックラインを踏み越したとき。
  • 進路の妨害や暴力的なプレーにより審判に退場を命じられた場合
  • シェルター、地面、別の選手に当たり跳ねた水しぶきを浴びてもセーフとする。
  • 体に当たっても水風船が割れなかったセーフとする。

コートのレイアウト

参加条件(大会ごとに規定)

  • 原則、小学生以上
  • 撮影OKな方。不可の場合は受付にてお申し出てください。

 

服装・用具など

  • 裏がゴム製のスニーカー。(スパイク・ビーチサンダルはご遠慮ください。)
  • 水着や水に濡れても良い服装
  • 水中メガネ、膝・肘サポーターなどあるとより安全です。
  •     

  • 変装・コスプレ・ユニフォームなど一体感のあるコスチュームは大歓迎です。

公式水風戦ルールブック 2016年度版

 

Rulebook
  • 水風船とは?
  • 協会規約・概要・沿革
  • 競技ルール
  • 今後のスケジュール
  • 水風戦のこれまで
  • 協賛・支援のお願い
  • Media
  • 企業スポンサー。コラボ?