水風船協会トップページ>>JMA Profile お問い合わせ先

JMA Profile お問い合わせ先

『水風戦とは』
子供のころに誰でもやったことのある… 水ふうせん。ビショビショになりながら、必死に投げ合ったり…、
上手く作れずに苦労したり…震災ボランティアで訪問した福島の小学校でボランティアが持ち込んだ
水ふうせんで大人も子供も楽しげに駆け回る光景に出会いました。

水ふうせん遊びなら、みんなが笑顔になれて、一つになれる。そんな確信から、ルールを作り、「水風戦」が
誕生したのです。福島で生まれた「水風戦」が全国に広まれば、「水風戦」をするために、福島に来る人が
増えるかも、復興や風評被害を払拭することにつながるかもしれないといった声も聞かれるようになりました。

そんな周囲の声に押されて、水風戦協会は、「野球なら甲子園、ラグビーなら花園をみんなが目指す、福島県
いわき市を水風戦の聖地にしよう」という目標を掲げて活動しています。
水風戦では、いろいろな会社や仲間同士のチーム、復興にかかわっているボランティア団体や仮設住宅に避難
されている方々も、同じルールのもと、参加されます。みんなが平等に一つのコートで水風戦で闘い、楽しさを
共有しています。。

この「水風戦」というスポーツは、男女も年齢の差がなく、楽しめるスポーツです。
水ふうせんを当てても当てられても楽しめて、コートは笑顔があふれています。
震災後、ボランティア活動を通じて、ボランティアと地元の方々との間には、
様々な絆が生まれました。
ボランティアがきっかけとなって生まれた「水風戦」はこれまで育んできた絆を紡ぎ、チー
ムも仲間も福島にも、そして、繋がっていく全ての人々との新たな「キズナ」を生み、その輪
を広げていくきっかけになっているのです。

団体名称 一般社団法人 水風戦協会 (Japan Mizufusen Association)
事務局 東京都千代田区麹町4-8-8 5F
登記先:東京都世田谷区
設立 2012年5月 任意団体として活動開始
2012年11月 一般社団法人化
2014年7月 福島水風戦協会・いわき水風戦協会設立
2014年10月 関東水風戦協会・神奈川水風戦協会設立
事業内容 1)水風戦の競技大会の実施、運営、普及
2)水風戦を通じた被災地支援。地域交流
3)水風戦協会への賛同団体、個人から支援依頼
4)その他水風戦に関する収益事業全般
役員 代表理事・・・塩谷 光高
代表副理事・・・幸本 康寿
広報担当理事…太田康子
いわき市支部…坂本雅彦
監査役 宮本 努
業務執行理事・・・西本 紗也香
お問い合わせ E-MAIL:contact@japan-ma.com
問い合わせフォーム
  • 水風船とは?
  • 協会規約・概要・沿革
  • 競技ルール
  • 今後のスケジュール
  • 水風戦のこれまで
  • 協賛・支援のお願い
  • Media
  • 企業スポンサー。コラボ?